浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
悲しい事に「佐久間先生は..
by tabitetu at 00:31
未だにラジオ日本で月~金..
by tabitetu at 00:19
「BIG tomorro..
by tabitetu at 00:17
>Mさん ウチを引用し..
by roudai at 12:44
今ヤフオクで「 【商品..
by M at 21:52
>ゴリゾウさん サイズ..
by roudai at 18:33
館長殿 コメント、..
by ゴリゾウ at 18:19
ゴリゾウさん ご無沙汰..
by roudai at 08:58
館長殿 湯木氏の記..
by ゴリゾウ at 00:18
館長様 コメント下..
by ケンチャナヨ at 00:13
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:待鳥秀峰 ( 1 ) タグの人気記事

収蔵品番号703 センター現代文れんしゅう帳

d0133636_17485714.jpg
【タイトル】センター現代文れんしゅう帳
【著者】北野潤一・待鳥秀峰・正井一典
【肩書】高等進学塾現代文講師・医進予備校MEDiC教務・高等進学塾、東京医進館教務
【出版社】プレアデス出版
【サイズ】B5
【ページ数】161頁
【目次】
はじめに
第①部 評論編
評論文の解の手順
例題
れんしゅう
第②部 小説編
小説の解の手順
例題
れんしゅう
あとがきにかえて
【初版発行年月日】2012年9月21日
【収蔵品発行年月日】2012年9月21日 第1版第1刷発行
【収蔵品定価】1500円+税
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】700円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】北野潤一・待鳥秀峰・正井一典「センター現代文れんしゅう帳」(プレアデス出版)
【コメント】
今週末はセンター試験ということで、センター試験に関する参考書を取り上げる。本番を目前にして新たな参考書に手を付ける必要はなく、受験生は今まで使った参考書を信じて勉強にいそしんで貰いたい。

当サイトにしては珍しく本書は現行品であり、まだ定価で購入が可能だ。
しかし、再来年(平成33年度)から試験形式が変わるので、今後は意味もなく、傾向もハッキリしないのにセンター向けの参考書がガラッと一新するだろう。ただでさえ知名度の低い本書もその波に巻き込まれて消えてしまうかもしれない。そもそも参考書クラスタの諸君で本書を知っている人がどれだけ居るだろうか?

敬愛する山本夏彦翁は「天が下に新しきことなし」と古人を引いた。参考書も同じでどんなに著者が「革命」だと力んでも、見る人が見れば過去に似た参考書はあるものである。同人誌を出している都合上センター現代文の参考書は出る毎に見ているが、本当に革命的と言えるのは対崎本と本書くらいである。
本書を知らない人が多いのはある意味アタリマエで、著者の肩書きを見れば分かるようにセンター試験を必要とする医学部受験生(ただし、二次試験に現代文のある東大・京大・名大・山形大を除く)向けの参考書なので、大きな本屋でも置いていないし、置いていても現代文やセンター試験の棚ではなく医学部受験用の棚に置かれている。つまり地頭は良いがあまり現代文を得意としていない理系学生向けである。
だからといって文系が読んではイケナイという法はなく、現代文に苦手意識を持っている生徒であれば文系・理系を問わず読んでほしい好著なのである。
予め断っておくと、そういう読者がターゲットのため、ある程度現代文に自信のある向きが本書を手に取ると、一見しただけで「バカバカしい」と放り投げてしまう可能性がある。

まず本書がすばらしいのは当博物館監修の「...より役立つ本」や対崎本と同様に「評論」と「小説」のアプローチを完全に分けている点である。そしてそれぞれ練習問題について「定められた手順」で「手を動かし」て「図化する」という手法で、河合塾の参考書のような天下り的な図解ではなく、読者に自発的な図解を迫るものだ。だから受験生が今から本書を購入して押っ取り刀で始めてもムダである。むしろ来年に向けて高2生に手にして欲しいくらいである。
「あとがきにかえて」に書かれている通り「できるだけ解説を少なくする」、という姿勢は最近の説明過多な参考書と正反対のアプローチでセンター試験向けの参考書にありがちな選択肢吟味のテクニックなどは全くなく、純粋に本文をどう読み、どう理解するか、という点に特化している。
本来は「センター現代文」という看板を掲げない方が良い気がするが、こうしたアプローチが出来るのも「センター試験現代文」の問題が誰が見ても答えが明らかな良問だからで、「センター試験」以外の問題を用いた途端にここまでの明晰さは無くなってしまう(収録しているのは全てセンター本試験・追試験の過去問)。

現代文の参考書というものに何となく不信感を持っている地頭のいい自主的に勉強出来る生徒向け、と厳しい条件が付くが、早い時期に現代文の1冊目として是非チャレンジして欲しい問題集である。

本当は冬の新刊を予定していた「館長のマル秘参考書(仮題)」で取り上げるつもりだったが、現行課程ラス前のセンター試験ということで急遽取り上げてみた。

P.S.業界の人ではないので、新テストの開始を1年間違えていました。来年のセンター向けに「...より役立つ本2019年版」は発行します。

by roudai | 2019-01-15 00:00 | 国語 | Comments(7)