人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:新声社 ( 3 ) タグの人気記事

収蔵品番号375 マル秘古典文法らくらく暗記するだけ

d0133636_21361746.jpg
【タイトル】マル秘古典文法らくらく暗記するだけ
【著者】小貝勝俊
【肩書】早稲田大学第一文学部卒
【出版社】新声社
【サイズ】新書
【ページ数】231頁
【目次】
PART1 データが示す本書の効果
PART2 本書を利用した効果的な勉強法
PART3 マル秘古典文法らくらく暗記術7(セブン)
PART4 古典文ノートの作り方
索引
助動詞の活用一覧表
【初版発行年月日】1990年9月10日
【収蔵品発行年月日】1990年9月10日 初版発行
【収蔵品定価】780円(本体757円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】700円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】土屋博映「土屋の古典文法88」(代々木ライブラリー)
【コメント】
井川師の大学時代の友人で同じ早稲田予備校講師の小貝師(現在は英語講師)の処女作。「早大マル秘100%合格作戦」同様、一浪して早稲田に受かっているのに「現役だから教えられる」(この本が出た時点で早稲田予備校に奉職しているはず)、古文の参考書なのに「早稲田・慶応らくらく突破」(慶応の入試に古文は必要ない)とJAROに訴えてやりたくなるレベルの誇大広告(笑)。

井川師の「ブタさんシリーズ」は原秀行尊師の影響を強く受けているものの他の参考書にない内容だったのに対し、こちらは普通の古典文法の教科書と全く変わらない平凡な内容。単に「気合いで古典文法を丸暗記する」本であり、ゴロやまとめの巧さといった点も全く無い駄作。同じ年に出版された土屋師の代替参考書(Amazonでは新刊品切れだがライブラリーから通販で入手可能)と比べると同じ新書版でもプロとアマの差がハッキリ出ている。

だいたいPART4の古典ノートの作り方の最後の頁に「■古典文読解の二大テクニック」なる見出しを付けておきながら、その内容といえば
<1>人間関係を考える
<2>全体の趣旨と段落ごとの内容を把握する
という「どこがテクニックやねん!」という腰砕けぶり。消えるべくして消えた迷作と言える。
by roudai | 2013-01-14 00:00 | 国語 | Comments(3)

収蔵品番号330 早大マル秘100%合格作戦

d0133636_142070.jpg
初版
d0133636_1421038.jpg
改訂第2版
【タイトル】井川方式早大マル秘100%合格作戦
【著者】井川治久
【肩書】早稲田予備校講師
【出版社】新声社
【サイズ】新書
【ページ数】277頁(初版・改訂第2版)
【目次】
PART1 私はこのようにして早稲田に合格した!
PART2 早大100%合格のためのマル秘英語対策
PART3 ≪予備校の先生紹介≫
PART4 ≪信用できる参考書紹介≫
【初版発行年月日】1987年7月5日(初版)
【収蔵品発行年月日】1987年7月5日 初版発行/1990年6月11日 改訂第2版第3刷
【収蔵品定価】780円(初版)/803円(本体780円+税23円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】井川治久「井川のビジュアル英文精読教室」(開拓社)
【コメント】
ちょうど受験関連本に何を取り上げるか考えていたところだったので、リクエストにお答えして井川治久師の自伝的進学指導書を取り上げる。「暗記するだけ」「マル秘英単語1234」「英文解釈マル秘解答術セブン」に続く新声社ブタさんシリーズ第4弾。

初版・改訂版・改訂第2版と3タイプ存在するが当博物館には初版と改訂第2版しか収蔵していない。早稲田(一文)対策(つまり英・国・小論)しか書いていないのに「早稲田・慶応らくらく突破」、一浪した上に、予備校講師になってからの著作なのに「現役だから教えられる」とツッコミ所満載の表紙だが、そこは大人の態度でスルーしておく。

本書の半分を占めるPART1の合格体験記は今読み返すと「おまえはバカじゃない」を彷彿とさせる(時系列は逆だが)ど根性ぶりで、現役時に4時間睡眠で追いこみをかけたり、2年間で20キロの体重減(75→55)を誇るあたり汎用性に疑問符が付く。もっとも一連の物語が受験相談でよく聞かれる162の質問に対応するように書かれており、構成としては吉野師の本とは雲泥の差がある。ちなみに「受験の国のオリザ」の平田オリザ氏と井川師は同じ1962年生まれなので、ほぼ同じ時期の代ゼミ私大文系クラスを活写したものになっている。

他にもPART1を読むと井川師について色々なことがわかる。開成でクラスの下1/5の落ちこぼれだったこと、ゲームが大好き(浪人時代はゲームセンターでアルバイト)で、ゲームの攻略については開成No.1だったこと(処女作を「ゲーメスト」で知られる新声社から出版したのも井川師がゲーム好きだったからではないだろうか)。意外だったのは現役時の12月に文転して、一浪時も英・国・数で受験しており、早稲田の「日本史・世界史」における暗記地獄を全く経験していない点だった。

和田氏や井川師は謙遜して「灘でも落ちこぼれ」「開成でも落ちこぼれ」と仰るが、開成を落ちた私に言わせれば、小6であの試験に受かる「地頭(じあたま)力」の持ち主と並の「落ちこぼれ」ではポテンシャルが全く違う(仮に中高5年間遊んでいたとしても)。並の受験生が井川師のアドバイスを全て受け入れてしまうと場合によってはパンクしかねない。

田島稔師と椿本昌夫師について習っていたのは他の本の推薦者(監修者)に名前が挙がっていたので知っていたが、本書では英語を潮田師に習っていたことが判明する。しかし「英文解釈マル秘解答術セブン」で予想した通り、139頁には
この場をかりて、代々木ゼミナールの田島稔先生、椿本昌夫先生、潮田五郎先生、中野清先生、永橋博先生、猪狩博先生、原秀行先生に心から感謝申し上げたい。
と原尊師の名前も刻まれていた。

PART2の英語対策は井川師の初期作品と大きく変わらず、「井川方式英文解釈の基本的姿勢セブン」などは代替参考書とまったく同じである。他にはお薦めの参考書(PART4でも再掲載)と一般的な勉強法ということであまり「早稲田」に特化してはいない。

PART3では各教科の予備校講師を紹介しているが、既に早稲田予備校に奉職しているにもかかわらず、堂々と代ゼミの講師を薦めているのが面白い(改訂版では修正されているが)。また、全く受けていないはずの河合や駿台の講師の名前も挙がっているが、それらの紹介文が通りいっぺんなのに対し、自分が受講した代ゼミの講師については詳しく語っている点も見逃せない。

また、PART1・2は初版も改訂2版もほとんど変わらないが、PART3・4には微妙な違いがある。比較していくと「大人の事情」も透けて見えてくる。

PART3でいうと
初版                  改訂第2版
秋田秀正(英語・早稲田予備校)
芦川進一(英語・河合塾※元代ゼミ)
猪狩博(英語・代々木ゼミナール)    →宮本守良(英語・早稲田予備校)
井川治久(英語・早稲田予備校)
伊藤和夫(英語・駿台予備学校)
潮田五郎(英語・代々木ゼミナール)
古藤晃(英語・河合塾※元代ゼミ)
紺野智生(数学・早稲田予備校)
関井光男(現国・早稲田予備校)
高橋善昭(英語・駿台予備学校)
田島稔(数学・代々木ゼミナール)
土屋博映(古文・代々木ゼミナール)   →山崎保男(古文・早稲田予備校)
椿本昌夫(国語・代々木ゼミナール)
中野清(漢文・代々木ゼミナール)    →石川三佐男(漢文・早稲田予備校)
永橋博(古文・代々木ゼミナール)
萩野浩基(英語・早稲田予備校)
原秀行(英語・代々木ゼミナール)    →小林弘(英語・早稲田予備校)
村上収(英語・早稲田予備校)
山口隆成(英語・早稲田予備校)
と代ゼミの人気講師4人が減らされている(残る4人は本文で触れられているためか)。元の講師の場所にそのまま同一教科の他の講師をねじ込んだために、初版では五〇音順だった並び(笑)が歪になってしまっているのが笑える。

PART4の参考書は専門である英語以外は目新しいものは無く、早稲田向きでもない。「古文要説Ⅰ」のように改訂時既に絶版のはずの本も名前を連ねている。あと、こちらも「大人の事情」発動で代々木ライブラリーの「大学受験アルファ」が早稲田予備校と関係の深いライオン社の「私大進学」に差し変わっている。

PART4の参考書はこちら
by roudai | 2012-03-20 00:00 | 受験情報 | Comments(2)

収蔵品番号028 英文解釈マル秘解答術セブン

d0133636_1143243.jpg

【タイトル】英文解釈マル秘解答術セブン
【著者】井川治久
【肩書】早稲田大学第一文学部英文科
【出版社】新声社
【サイズ】新書
【ページ数】225頁
【目次】
まえがき
本書を活用した効果的な勉強法
PART1 「痕跡をさがせ!」マル秘解釈法
PART2 倒置・省略を見抜くマル秘テクニック
PART3 長文中で学ぶ英文解釈のマル秘プロセス(講義1)
PART4 長文中で学ぶ英文解釈のマル秘プロセス(講義2)
PART5 長文中で学ぶ英文解釈のマル秘プロセス(講義3)
PART6 その他の重要マル秘テクニック
PART7 マル秘盲点知識の整理と識別
【初版発行年月日】1986年8月5日
【収蔵品発行年月日】1989年11月15日 5刷発行
【収蔵品定価】773円(本体価格750円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】4000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】井川治久「井川のビジュアル英文精読教室」(開拓社)
【コメント】
有名大学に在籍している大学生が書いた受験参考書のはしりとなった本。版元も「ゲーメスト」で有名な新声社と異例ずくめ。現在版元倒産のため大変入手が難しいが、同じ版元から出ていた津田秀樹の「マークシート~の攻略」なる「例の方法」のパクリ本はタイトルと版元を変えて未だに出続けているあたりに世の不条理を感じる。
表紙に7日で読めるとあるが原仙作の「標準問題精講」シリーズの40日と同じくらい不可能な数字だ。そもそもこの本を7日で読める生徒が偏差値50以下ということはありえない。
英語の本なのになぜか監修者が代ゼミ数学科の田島稔師で、筆者の代ゼミ時代にどの英語講師の影響を受けたかはどこにも書かれていない。しかし目次を見ればわかるように、倒置や省略や挿入などの特殊構文について多めに書かれており、また「PART7 マル秘盲点知識の整理と識別」の中で「~の3大盲点、~の4大盲点、~の5大盲点」といった言い回しを好んでしているところから某尊師の影響を受けているように見受けられる。
どちらかというと「構文をとる本」あたりを終わらせた後、特殊構文の下線部訳の特訓として使うとハマりそうな本で、基礎力のない生徒にはチンプンカンプンだろう。現在、受験参考書でこうした特殊構文のエッセンスを凝縮した本があまりないだけに表題のような早慶受験生よりも難関国公立受験生が直前期に知識の再確認として読むのがベストか。
Part3、4あたりの内容をもう少し易しくしたのが代替参考書に挙げた「井川のビジュアル英文精読教室」(開拓社)。こちらは幸いにまだ現役なので、基礎力のなさを自覚している向きはこちらを手にした方がよいだろう。
by roudai | 2007-10-28 00:00 | 英語 | Comments(4)