人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:渡邊焉馬 ( 1 ) タグの人気記事

収蔵品番号707 漢文演習

d0133636_16171978.jpg
【タイトル】歴史と人物で学漢文演習―漢文入門と基本例題―
【著者】渡邊焉馬(えんば)
【肩書】
【出版社】河合出版
【サイズ】B5
【ページ数】87頁+別冊解答解説編64頁
【目次】
ガイド一覧
<訓読入門>
<基本例題>
<問題演習>
史伝―「史記」の群像―
思想―諸子百家の思想家―
詩文―歴代の詩人・文筆家―
【初版発行年月日】2001年3月15日
【収蔵品発行年月日】2001年3月15日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】857円+税
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】2500円
【代替参考書】前野直彬「精講 漢文」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
漢文「冬の時代」である。

漢文の「マトモな」参考書が払底しており、中野清「改訂新版ガッツ漢文」(状況出版)が版元倒産(?)により絶版になった途端にそれまで猫またぎだった「中野式漢文なるほど上達法」(ライオン社)すら高騰している状態である。
確かにセンター試験でしか「漢文」が必要ない受験生なら田中雄二「漢文早覚え速答法」(学研)でもいいだろうが、せっかく漢文に触れる機会があるのにそれではもったいない。そもそも、今年のセンター漢文はいわゆる「句法」の問題がなく、むしろ「漢文常識」のあるなしが問われており、来年以降も「句法だけやっておけばいい」という受験生排除に向かうのではないか(ちなみに館長は今年のセンター古文・漢文は共に満点)。

本書は本屋に嫌われるB5サイズの漢文参考書という希少種で、かつ「文学歴史的常識中心」という異端の参考書である。
著者は河合塾講師と思われるが、現在のHPで検索しても名前が出てこない(18年前の本なのである意味当然とも言えるが)。「三位一体方式」と著者が名付ける地理・歴史的解説、人物・思想的理解、語句・文法的説明(文法が最後にくるところがポイント!)の三本柱を立て、就中中心を「人物理解」に当てている点がすばらしい。

「はじめに」にはこうある。
漢文は難しい漢字をただ暗記するために読むのではありません。作品の中で大活躍する個性あふれる「登場人物」と出会うのがおもしろくてたまらないから読むのです。「文は人なり」という名言があります。四角四面の漢字の向こう側には、人間くさい魅力的な「人物」が待ち構えているのです。「三本柱」は彼らに会いに行くパスポートとなるでしょう。(太字原文ママ)
「文は人なり」の使い方が間違っている気がするが言いたいことはよく分かる。

昨年「今年せどり屋が最も悲鳴を上げた復刊」の候補に挙がっていた代替参考書は「古典国語」と同様に「総花的で本当に役立つ箇所が少ない『おせち料理』のような参考書」で、何でも入っていて辞書的に使えるが「読む」ものではない。少なくとも「国語」という教科の一部である「漢文」にそんな労力を割く余裕はない。
本書は「句法」部分は最小限に留め、有名な漢文を題材にした問題と中国史(春秋~前漢)と思想史、唐代までの詩文に限って90頁程度にまとめている。代替参考書にも同程度の内容は載っているが、「これだけ」という割り切り方が際立っている。
宮下師の「高校とってもやさしい漢文」(旺文社)あたりで一通りの句法を学んだ上で臨むのが王道で、これが終わればあとは問題演習だけでよいだろう。

さすがに今のマケプレの価格は異常だが、多少のプレミアは内容を考えれば仕方がない。
by roudai | 2019-02-05 00:00 | 国語 | Comments(0)