人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:研数書院(文理) ( 5 ) タグの人気記事

収蔵品番号460 日本史史料問題特訓ゼミ

d0133636_22121091.jpg
【タイトル】日本史史料問題特訓ゼミ
【著者】豊田文雄
【肩書】都立雪谷高校教諭
【出版社】研数書院
【サイズ】B6
【ページ数】144頁
【目次】
史料問題の解き方
頻出史料のキーワード
さわりの一句さくいん
出典・史料名さくいん
【初版発行年月日】不明(1990/9?)
【収蔵品発行年月日】不明
【収蔵品定価】490円(本体476円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】菅野祐孝「菅野の日本史必出史料―大学受験・集中ゼミ」(文英堂)
【コメント】
研数書院の参考書全般に言えることだが、本書も奥付に発行年が記載されていない。
あまりアテにならないAmazonに書かれている1990/9を信用すると(消費税導入後であることは間違いなさそうだが)菅野師の「日本史必出史料」が出た後であり、それでいて独自色が全く無くセンターレベルのベタな内容は価格を考えてもお粗末。頁数の都合からか図版が一切無く活字だけの誌面も退屈。レアではあるがプレミア価格で買うような本ではない。
by roudai | 2014-08-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号452 英文読解の方法

d0133636_21514854.jpg
【タイトル】入試サクセス30講 英文読解の方法
【著者】吉田修
【肩書】一橋学院講師
【出版社】研数書院
【サイズ】A5
【ページ数】72頁+別冊解答22頁
【目次】
第1講-第5講 空欄補充問題
第6講-第7講 整序問題
第8講-第12講 内容一致問題(訳文選定・真偽判定・語義選定)
第13講-第16講 英文和訳問題
第17講-第22講 文脈把握問題(的語句選択・大意要約・英問英答・承前語句)
第23講-第24講 会話文の問題
第25講-第30講 総合問題
【初版発行年月日】1990年
【収蔵品発行年月日】不明
【収蔵品定価】360円(本体350円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】宇井洋「英語長文―高校中級用 (発展30日完成 (12))」(日栄社)
【コメント】
「入試サクセス30講」シリーズは2通り表紙があり、これは初期の版。後期の版では連番が振られて⑧になっている。
このシリーズは一橋学院や早稲田ゼミナールの講師が書いていることが多いが、本書は予備校講師らしからぬ平凡で不出来な内容である。
「タイトル」で「英文読解の方法」と謳いながら、内容は30題の英文読解問題と埋め草のヒントと語彙。別冊は全て解答と全訳だけという「どこに『方法』が書いてあるの?」という内容。「滝山敏郎の英語長文の完全征服」といった史上最低レベルの本に比べればマシという程度で、定価360円でなければ暴れるところだ。
値段、内容からして代替参考書レベルなので実用性を考えるならわざわざ手を出す必要のない代物である。
by roudai | 2014-06-17 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号390 世界史得点アップ特訓ゼミ

d0133636_22544824.jpg
【タイトル】実戦に強くなる世界史得点アップ特訓ゼミ
【著者】渡辺修司
【肩書】都立日比谷高校教諭
【出版社】研数書院
【サイズ】B6
【ページ数】160頁
【目次】
時代別整理編
テーマ別整理編
同時代整理編
歴史地図整理編
文化一覧表
【初版発行年月日】1990年9月
【収蔵品発行年月日】?
【収蔵品定価】540円(本体524円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】上住友起「世界史要点 図解整理 ハンドブック」(旺文社)
【コメント】
山川出版社や桐原書店からも問題集を出している都立日比谷高校教諭によるポイント集。
左上に「図解・表解エッセンシャルズ」というタイトルで年表や地図などによる図解が示され、見開き2頁に1テーマについての「基本事項のチェック」→「混同しやすい用語リスト」→「盲点克服アドバイス」という切り口でポイントが纏められている。盲点自体は言うほど難度は高くないが発売された時期を考えるとだいぶ健闘している。「混同しやすい用語リスト」も数頁程度のものは色々な参考書にあるが、ほぼ全てのテーマについて半頁分収録されているのは素晴らしい。
一から世界史を勉強する生徒にとってはスカスカで意味がないが、入試直前に読むと自分の抜けている箇所が自覚できる便利な参考書。
by roudai | 2013-04-30 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号382 古典常識 標準レベル

d0133636_1757643.jpg
【タイトル】入試サクセス30講古典常識 標準レベル
【著者】左藤彦
【肩書】早稲田ゼミナール講師
【出版社】研数書院
【サイズ】A5
【ページ数】64頁
【目次】
第 1 講 カレンダー①[月と季節]
第 2 講 カレンダー②[月齢]
第 3 講 何時にどちらへ[十二支・時計・方位]
第 4 講 コスチューム[公家・武士・女性・僧侶]
第 5 講 マイホーム[建物・庭]
第 6 講 インテリア[調度品・照明器具]
第 7 講 サラリーマン[官庁・役人・ポスト]
第 8 講 キャリアウーマン[後宮・働く女性]
第 9 講 カントリーライフ[諸国・地方官]
第10講 スペシャリスト[軍事・警察・神職・祈祷師]
第11講 真(まこと)の道[仏教・信仰・弔い]
第12講 ライフサイクル[女の一生・教養・趣味]
第13講 イベント[年中行事]
第14講 ノンジャンル[古典語の読み・書き]
第15講 和歌の基本用語
第16講 和歌の修辞法 ① 掛詞 地名型①
第17講 和歌の修辞法 ② 掛詞 地名型②
第18講 和歌の修辞法 ③ 掛詞 一般型①
第19講 和歌の修辞法 ④ 掛詞 一般型②
第20講 和歌の修辞法 ⑤ 縁語 ①
第21講 和歌の修辞法 ⑥ 縁語 ②
第22講 和歌の修辞法 ⑦ 枕詞
第23講 和歌の修辞法 ⑧ 序詞
第24講 和歌の修辞法 ⑨ 歌枕ベストテン
第25講 万葉歌人・百人一首
第26講 名歌ベストテン
第27講 俳句 ① 季語と季節
第28講 俳句 ② 切れ字・季語
第29講 古文と漢詩(白氏文集)
第30講 女流作家・道行文・古文の冒頭
参  考 古典の名数
【初版発行年月日】1996年3月?
【収蔵品発行年月日】不明
【収蔵品定価】388円(税別)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】神島達郎「新・古文常識チェックノート―10日で確認」(日栄社)
【コメント】
館長はあまり研数書院の参考書・問題集が好きではない。一応コレクターを名乗る以上基本的な本は揃えているが一部のマニアが古い「問題解法の新技術」に血道を上げている様を冷ややかな眼で見ている。学校に納品している本が多いせいか総じて解答・解説が簡略すぎたり、個性がなかったりする傾向が強い上に、奥付がなおざりで初版年月日も発行年月日も記されておらず、しかも学生社同様奥付がカバーにしか付いていない(カバーを替えて古い本を新刊偽装して流通させている疑いが残る)からで、出版社が研数書院というだけで色眼鏡を掛けて見てしまう。

そんな研数書院の本の中では比較的著者の個性が強く出ている「入試サクセス30講」シリーズの一冊。時期によって微妙にデザインが異なり収蔵品は教科ごとの連番を振られなくなってからのもの(ちなみに連番は⑤)。表紙に「標準レベル」と書かれているが、同シリーズに他に「古典常識 基礎レベル」や「古典常識 難関レベル」があるわけではない。
著者の左藤師は早稲田ゼミナール講師(古文・漢文)ということだが現在は教えていない模様。学燈社・開拓社・研数書院と目立たない出版社からしか参考書・問題集を出していないのでほとんど情報がない(そもそも名前の読み方すら分からない)。

本書は入試で問われた古典常識を中心に見開き完結で30講にまとめており、前半15講が古典常識、後半15講が和歌の技法となっている。この辺の出題傾向がある大学なら試験直前にチラッと見てズバリ的中もあり得る即効性の高い本。「標準レベル」ということだが、同じ早稲田ゼミナールの今野師(学燈社・開拓社の著作がある点も共通している)の「あぶない古文その一」でも取り上げられていた「白氏文集」の教養なども収められており一筋縄ではいかない内容だ。
入試問題例も「『黄泉』の読みと意味を記せ(愛知学院大)」とか「『めこ』を漢字二字で書け(明治大)」といったクスッと笑える問題を潜ませているところにセンスを感じる。
by roudai | 2013-03-05 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号231 地図・系図・図表で解く日本史

d0133636_12412983.jpg
【タイトル】入試サクセス30講日本史④地図・系図・図表で解く日本史 標準レベル
【著者】黒田浩司
【肩書】両国予備校講師
【出版社】研数書院
【サイズ】A5
【ページ数】64頁
【目次】
第1講 地図で見る原始時代の遺跡
第2講 地図で見る古代の政治
第3講 系図で見る古代の政治
第4講 全国の中世政治地図
第5講 鎌倉を中心とした中世政治地図
第6講 鎌倉室町期の重要氏族・1
第7講 鎌倉室町期の重要氏族・2
第8講 地図で見る近世の政治
第9講 系図で見る近世の政治
第10講 地図で見る近現代の政治
第11講 ライバル表で見る近世の政治
第12講 ライバル表で見る近代の政治
第13講 出身地別に見る近現代の政治家
第14講 近現代の条約総整理・1
第15講 近現代の条約総整理・2
第16講 政治機構の歴史
第17講 軍事制度の歴史・1
第18講 軍事制度の歴史・2
第19講 近世以後の法律制度
第20講 月日と日本年号で見る歴史事件
第21講 社会運動の歴史・1
第22講 社会運動の歴史・2
第23講 京都市内の歴史
第24講 奈良盆地の歴史
第25講 大阪周辺の歴史
第26講 名古屋周辺の歴史
第27講 飛鳥・琵琶湖周辺の歴史
第28講 江戸・東京の歴史
第29講 北海道の歴史
第30講 九州北部・沖縄の歴史
【初版発行年月日】1999年4月?
【収蔵品発行年月日】不明
【収蔵品定価】本体400円(税別)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】黒田浩司「ハイテク日本史」(池田書店)
【コメント】
日本史で出題される地名を地図上から選べという問題は地名自体が簡単でも意外に正確な場所を押さえていることは少なく盲点となりやすいが、この本はそうした盲点をコンパクトにまとめた良書。当たり外れの大きい研数書院の本らしく、カバー折り返しにある奥付に出版日が書かれていない点(初版発行年月日は紀伊國屋書店DBより)は困りものだが、それを差し引いてもこの本にしか載っていないような切り口が多く一見の価値はある。手に入らなくても目次を参考に自分でまとめてみると思わぬ発見があるかも。
代替参考書は残り少ない著者の現役参考書。若干方向性は違うもののこれもよくまとまっている。
by roudai | 2010-06-01 00:00 | 社会 | Comments(0)