人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:研文書院 ( 3 ) タグの人気記事

収蔵品番号481 パーフェクト数学公式集

d0133636_22121240.jpg
【タイトル】パーフェクト数学公式集
【著者】三瀬茂利
【肩書】
【出版社】研文書院
【サイズ】A5
【ページ数】244頁
【目次】
第1章 数と式の計算
第2章 方程式と不等式
第3章 写像と関数とグラフ
第4章 指数・対数関数とグラフ
第5章 三角比と三角関数
第6章 集合・命題・論理
第7章 公理・論証と平面幾何・立体幾何
第8章 平面図形と式
第9章 空間図形と式
第10章 ベクトル
第11章 行列
第12章 数列と級数
第13章 微分法
第14章 微分法の応用
第15章 積分法
第16章 積分法の応用
第17章 順列と組合せ
第18章 確率と統計
【初版発行年月日】1979年9月30日
【収蔵品発行年月日】1986年4月30日 12版
【収蔵品定価】980円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】春日正文「公式集 (モノグラフ) 」(科学新興新社)
【コメント】
新年明けましておめでとうございます。相変わらずの業務多忙の上、正月休み中倉庫も休みなのでネタが取り出せずに更新が遅れてしまいました。
直前まで正月のネタを何にしようか悩んだ末に最近廃業・倒産した出版社の本というテーマを設定してみました。まず第1弾は一昨年の夏に廃業した「研文書院」の1冊。「100万円」から漏れてしまったのでレアで高い本もあるのですがいろいろなオトナの事情でこの1冊。

著者の故・三瀬師は後に代ゼミ講師として関東圏の校舎に出講していた記憶があるが、この本が出た当時は戸山高校で教鞭を執っていたそうだ。研文書院からは「モノグラフ」を薄くしたような「解法のパターン(全15冊)」も出していたが、親切でもなければ網羅性もないのに研文書院というだけでなぜか高騰している。
ちょうど数Ⅰ・ⅡB・Ⅲと数Ⅰ・代幾・基解・微積・確統の端境期に出た本なので、それぞれの課程にあわせた内容の仕切りが目次に明記されている。表紙に書かれている「質問形式をとっており」というのは公式の定義にかかわる質問が冒頭に挙げられている点と思われるが、ほとんど全て「○○について説明せよ」といった紋切り型の質問のみであってもなくても大差のない内容。それでいて「最大公約数・最小公倍数」の求め方について「ユークリッドの互除法を用いる」と書いておきながら、公式集のどこにも「互除法」自体の説明がない、といった「パーフェクト」の看板に偽りありな作りになっている。また、もともと数Ⅰ・ⅡB・Ⅲの本なので、微分積分に関しては整関数かどうかといった線引きがないため文系には少し使いづらい。
ところが、索引も終わった残り2頁に「重要事項の語録集」として本文には一切出ていない「数学的帰納法は証明法のうちで、とくに優雅なれど、途中をゴマかすなかれ」とか「無理方程式、不等式の解き方はグラフに頼れ」といった滋味深い謎の「語録」がまとめられている。

代替参考書に代表される数学公式集は大概B6判で厚めのため、A5判で余裕のある組版をしている本書は見易さという点では一歩リードしているし、現課程では扱われない公式も載っているので、研文書院だからと無闇に高値掴みするのでなければコレクションに加える価値はあるだろう。
by roudai | 2015-01-01 00:00 | 数学 | Comments(1)

収蔵品番号232 大学への英単語

d0133636_11262015.jpg
【タイトル】フィードバック方式大学への英単語
【著者】川端一男
【肩書】
【出版社】研文書院
【サイズ】新書
【ページ数】236頁
【目次】
第1部 最重要語征服―15日―
第2部 重要語征服―15日―
第3部 単語力増強へのアプローチ
 第1章 紛らわしい類似語
 第2章 接頭辞・接尾辞
 第3章 アクセントのルール
 第4章 同音異義語
 第5章 アクセント問題に出る単語
 第6章 発音問題に出る単語
索引
【初版発行年月日】1979年6月10日
【収蔵品発行年月日】1997年7月20日 重版
【収蔵品定価】本体602円+税
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】清水かつぞー「英単語ピーナツほどおいしいものはない」銅メダルコース(南雲堂)
【コメント】
館長の現役時代からあった本で立ち読みした限りではそれほど印象に残らず手持ちにしていなかったが、妙にネット上の評判が良くヤフオクでもベラボーな値段で取引されている。著者の名前をどこかで見たような気がしたのだが、おそらく「ルール48英文解釈の解法」(洛陽社)や文英堂のリーダーの共著者と同一人物(埼玉医科大名誉教授)であろう。手に入れたのは13年前の版で、意外と息が長かったことが分かる。
今から30年以上前にコロケーションを意識した単語集が出ていたというのは画期的だが、現在は代替参考書のようなCD付の良書が数多く出ているので、あえてこの本でなくてはという必然性はない。確かに研文書院の参考書らしく収録語の難度は高いが、試験によく出るのかと言えばそうではない。上記「金メダルコース」を終えて余裕があったらどうぞ。
by roudai | 2010-06-08 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号054 英文解釈のコツ

d0133636_1053251.jpg
【タイトル】合格点をかせげる高校で教えない英文解釈のコツ
【著者】英語教育研究会
【肩書】
【出版社】研文書院
【サイズ】新書
【ページ数】218頁
【目次】
【初版発行年月日】1977年5月30日
【収蔵品発行年月日】1984年9月30日 14版
【収蔵品定価】600円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
「大学への数学」(黒大数)で有名な研文書院から以前は英語や社会の参考書も出版されていた。そのため、本書の推薦文は「大学への日本史」の著者である安藤達朗師が「本書を通読したあと、諸兄姉の英語の学力が格段に飛躍しているだろうということは、責任をもって請けおっておこう」と門外漢にもかかわらず責任を負ってくれる。
「連帯責任は無責任」という言葉があるが、この手の「~研究会」という著者名の本で当たりに出会うことは稀だ(例外は「最頻出漢字226選」くらいか)。ご多分に漏れずこの本も表紙で「英文解釈の『魔法の鍵』はみつかった!」と大見得を切るものの、その中身(全部で18個)はといえば、
1.まず直訳し、ついで和訳せよ
2.原点にかえって考え直せ
3.まず文型を確認せよ
 3-a.SVOCのOCは意味上はSVである
4.名詞は主語・補語・目的語の役割をする
5.形容詞は、名詞を修飾するか、補語となる
6.副詞は、形容詞・副詞・動詞・文を修飾する
7.前置詞は目的をとり、形容詞句または副詞句をつくる
etc.
と、どんな英文法の参考書にでも書いてあるアタリマエの注意書きを後生大事に「秘密兵器」呼ばわりしているだけなのである。
もちろん、これらの項目が大事であることは論を待たないが、それを「高校で教えない」というのは誇大広告だろう。
by roudai | 2007-11-23 00:00 | 英語 | Comments(0)