浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:語研 ( 3 ) タグの人気記事

収蔵品番号348 英単語手帳PARTⅠ

d0133636_9441984.jpg
【タイトル】英単語手帳PARTⅠ必須語
【著者】古藤晃
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】語研
【サイズ】B7
【ページ数】272頁
【目次】
はじめに
本書の構成と使用法
1 読解の基礎となる必須名詞
2 読解の基礎となる必須動詞
3 読解の基礎となる必須形容詞
  ≪Appendix≫
4 ベーシック単語
5 類語一覧(動詞)
    -まとめて覚えて、まとめてチェック-
6 重要な反意語
    -まとめて覚えて、まとめてテェック-
7 重要なカタカナ語
8 重要な接頌辞・接尾辞
9 ファイナル・チェックリスト
【初版発行年月日】1981年7月10日
【収蔵品発行年月日】1982年12月25日 第5刷発行
【収蔵品定価】650円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】古藤晃「大学受験受かる英単語ソクラテス2088」(学研)
【コメント】
代ゼミから河合塾に電撃移籍した古藤師の代ゼミ時代の代表作。サイズは文庫本より一回り小さいB7サイズで「英単語の合格水準」(語学春秋社)と同じものの語順は品詞別の頻度順をちょっとひねったオリジナルのもの(「合格水準」はアルファベット順)。
目からウロコなのは単語の確認テストで、「合格水準」が日本語訳から単語への一方通行だったのに対し、本書は単語から訳、単語から派生語や熟語など色々なバリエーションがあって飽きさせない。
ページレイアウトも「合格水準」が問題(奇数頁)をめくると該当の単語(偶数頁)というめくり作業が発生する形なのに対して、本書は左の偶数頁を見た後に右の確認テストという見開き型。確認テスト下のコラムで出題パターンなどの豆知識が散りばめられており30年前という時代を感じさせない。
圧巻なのは類語一覧(動詞)で、例えば「見る(see,look)」という動詞について
admire
behold
contemplate
gaze
glance
glare
glimpse
observe
peep
peer
stare
scrutinize
study
view
watch
witness(意味はクリックした先で)
を挙げてそれぞれ訳し分けている。わずか10動詞についてだが上記のように意外な単語も含まれる(実際の英文ではこれほど厳密な意味の差はなく単なる言い換えのケースもあるが)。
[PR]
by roudai | 2012-07-24 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号318 群群記憶の英熟語

d0133636_827373.jpg
【タイトル】大学入試英単語句完成シリーズ 群群記憶の英熟語
【著者】高川敏雄
【肩書】神戸製鋼所社員
【出版社】語研
【サイズ】新書
【ページ数】302頁
【目次】
はじめに
本書の利用法
第1編 前置詞を中心とする熟語
 第1章 ATを中心とする熟語
 第2章 FORを中心とする熟語
 第3章 IN,INTOを中心とする熟語
 第4章 OFを中心とする熟語
 第5章 OFF,AWAY,FROMを中心とする熟語
 第6章 OUT,OUT OFを中心とする熟語
 第7章 ONを中心とする熟語
 第8章 UP,DOWNを中心とする熟語
 第9章 TOを中心とする熟語
 第10章 WITHを中心とする熟語
 第11章 その他の前置詞を中心とする熟語
第2編
 第1章 数量表現の熟語
 第2章 動詞+名詞[形容詞]の熟語
 第3章 All,DAY,WAYの熟語
 第4章 ONE,IF,...SELFの熟語
 第5章 NO,NOT,BUTの熟語
 第6章 AND,BY,ORの熟語
 第7章 AS,SO,MUCHの熟語
 第8章 MORE,LESS,THANの熟語
 第9章 準動詞の熟語
 第10章 THATの熟語
 第11章 会話の表現
索引
【初版発行年月日】1983年12月10日
【収蔵品発行年月日】1985年8月10日 第3刷発行
【収蔵品定価】750円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】大西 泰斗/ポール・マクベイ「ネイティブスピーカーの前置詞」(研究社出版)
【コメント】
正月第2弾は同じく「群群記憶」シリーズの英熟語。こちらの方が先に刊行されており、「英単語」刊行に合わせてデザインが変わっている。旧デザインはベースがオレンジ色でイラストも違う。「英単語」の表紙にも太字で書かれている「画期的記憶術の秘」という言い回しが気になるが、辞書を引くと「秘密にして人に教えない薬の処」という意味で「正しい」そうだ。
英語の参考書を100冊も紹介していながら「英熟語」の本は「スーパー英熟語」1冊だけだったことに今回気づいた。今年はもう少し熟語集を取り上げていくことにしよう。
同じ著者であるから、「英熟語」も「英単語」同様に従来の英熟語集に喧嘩を売ることから始まる。ただ、英熟語集は英単語集と比較するとどの本も個性に乏しく、それが紹介数の端的な差に繋がったと思われるが、高川氏の取り上げる従来の熟語集の問題点は2つ(収録順と語数)だけに留まっている。
「英単語」と違い、「英熟語」は現在から見ても斬新なアイディアが取り入れられており、「群群記憶」の名前の由来(「英単語」はあまり「群」を意識した作りになっていない)である、前置詞「群」と熟語の意味による分類は高川氏オリジナルといっても良いほどである。
例文については「IとSheの織りなす物語」と豪語しているが、単に意味上「人」が主語になる熟語にそれらを当てはめただけで、訳も飯田師のように「オイラとあの娘」といった遊び心もなく、例文の最初から最後まで一連の物語になっている永見拓也「ポルノで英語がスイスイ学べる」といった職人技の域にまでは達していない。こうまで徹底されるとむしろ主語には熟語の意味と密接な関連のある固有名詞の方が暗記に適しているような気もしてくる。
それを差し引いてもこの本の個性は突出しており、英熟語集として出色の出来であることは間違いない。
[PR]
by roudai | 2012-01-02 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号317 群群記憶の英単語

d0133636_2034067.jpg
【タイトル】大学入試英単語句完成シリーズ 群群記憶の英単語
【著者】高川敏雄
【肩書】神戸製鋼所社員
【出版社】語研
【サイズ】新書
【ページ数】396頁
【目次】
はじめに
第1章 外来語を中心とする記憶法
第2章 ごろ合わせを中心とする記憶法
第3章 類型語を中心とする記憶法
第4章 語根を中心とする記憶法
索引
【初版発行年月日】1985年4月20日
【収蔵品発行年月日】1987年5月1日 第3刷発行
【収蔵品定価】800円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】
【コメント】
新年明けましておめでとうございます。
本年も歴史の彼方に消えた参考書たちを是々非々で紹介していきたいと思います。

毎年恒例の正月企画ですが、今年は冬コミがあったために若干手抜き(笑)で新書版3連発でお送りします。
まず、その第1弾。80年代半ば、彗星のように現れながら一部の参考書通にのみ知られ、最近ではオークションでもほとんどその姿を見かけることがなくなった幻の単語集。偶然だが本書で紹介した英語の本がちょうど100冊に達した。
著者の高川氏は神戸製鋼社員。1943年生まれなので出版当時は42歳。北大法学部卒業後、神戸製鋼に入社されたようなので、教育畑の人ではない。おそらく仕事で英語を使う立場から「単語・熟語の合理的、効率的な記憶法の研究」をされていた模様で、その精華がこの本である。
時系列で言うと2009年の正月に取りあげた「三大英単語集」の刊行後に出された本であり、「はじめに」では先行の3冊(や当時の人気単語集)を意識した記述がある。
 第2に「頻度順(出る順)配列の単語集」についても、ほぼ上(註・ABC順配列をする単語集)と同じこと(註・最も労多く、功の少ない方法)が言えよう。頻度順に覚えることは、重要なものから覚えるという点で一見合理的な方法のように思えるかも知れない。しかし、これは単語相互間に有機的な関係のない場合に初めて言えることであり、単語間の有機的な関連性をメチャクチャにする点ではABC順配列よりも無意味な配列であるといってよい。(中略)その上、頻度順(出る順)というのは、過去の何百、何千という試験問題を材料として、そこに含まれる単語の頻度を数えたものであるから、読者が受ける多くても数回の試験問題に出る単語とはその頻度が一致するはずもない。(中略)頻度などは、精々3つに分けておけば十分だというのが、筆者の結論である。頻度順(出る順)配列の単語集の人気の高いのは事実ではあるが、この配列のナンセンスなことにそろそろ気づいてもよいように思う。
 第3に「単語を名詞、形容詞、動詞」と言った品詞ごとに分けたり、さらにもう一つ手を加えて頻度順とのミックスにした単語集」もある。しかし、この区分も筆者には理解不能である。英語においては、単語が同型のまま名詞でもあり、形容詞でもある例は枚挙にいとまがない。従って、名詞だと思っているとどうしても意味、辻つまの合わない文章が、動詞に使われていることが分かった途端に意味が通じたといった経験は誰もがあるだろう。あらかじめ、品詞にとらわれることは危険なことなのだ。(中略)以上見た、3つの型の単語集は、暗記の工夫という点ではほとんど何もないと言わざるをえないのである。
これに対して第4の「ごろ合わせによる単語集」はかなり効果的である。(中略)ただ、この方法は暗記のための工夫という点では有効なものの、残念ながらすべての単語をこの方法でマスターすることは事実上不可能である。つまり、単語集の3条件の第1、必要十分な量を満たすことは出来ないのである。もっともある本では数千語をマスターできるとしているが、これもごろ合わせをした単語に、同意、類義、反意語を数個ずつつけたもの、つまり、ごろ合わせと意味上似たものを集める、という2方法を合体させたもので、ごろ合わせだけで数千語を覚えさせるものではない。(中略)
 第5の「語源を利用した単語集」は、最も学問的、正統的なものであり、複雑な意味を有する単語(複構造語)の大部分はこの方法で記憶できる。さらに、語源の知識を持っていると、ごろ合わせ等とは異なり、類推、応用がきくから将来の単語力の一層の増強に大いに役立つという利点がある。しかし、語源の構成要素である接頭語、語根、接尾語の取り上げ方、特に語根の説明が不十分なものが大部分であり、はなはだしいものに到っては、わずか2、30の語根しか取り上げていない(註・本書の語根は389)。(中略)
第6の「意味やテーマ毎に単語を分類して配列する単語集」もかなりあり、中には「奇跡」的な記憶法だと主張する本もあるくらいだ。しかし、この方法が記憶のために有効であるかどうかはかなり疑わしい。確かに、中学校で初めて英語を学びだした時には、月や週、数、色等をまとめて覚えた経験があるが、英単語では同語根のものや、わずかの例外的なものを除いては意味と綴り字、つまり形との類似は全くと言ってよい(中略)ましてや表音文字である英単語においては、意味ごとにまとめたからといって、効率的に覚えられるとは思えない。(中略)
 第7の「連語、つまり2つの単語を句として覚える単語集」は、例えば、「公式訪問」としてofficialとvisitの2語を一度に覚えようというものであるが、これもほぼ意味、テーマ別の覚え方の同じことが言え、初出の単語の記憶法ではないと思う。(中略)
 第8の「漫画、イラストによる単語集」は、最近の漫画ブームを反映してか、かなり見られるようである。しかし、この類の本が単語の暗記に役立たないことは多言を要しないだろう。漢字のように絵文字的要素のあるものとは異なり、英単語の綴りとその外見とは何の相関もない。したがって、smileという単語に笑い顔を、cryに泣いている顔の絵をつけても、英文を読んでいる時に絵を伴うはずもなく何の効果もあるまい。(中略)
(本書6~12頁・太字引用者)
参考書マニアの方なら筆者が何を念頭に置いているのか逐一分かって笑いを禁じ得ないだろう(分からない方のため、推定される単語集にリンクを張った)。いささか相手を腐す際に我田引水的な決めつけをしている(記憶術の本と単語集を同列に扱ったり、単語集の付録の一部に全てを求めたりする所など)のは少し卑怯だが、売らんかなの前口上である以上ある程度は仕方ないか。
これらの考察から、筆者は弁証法的なオリジナルの方法を編み出すのではなく、エエトコドリで「ごろ合わせ」「語源」「類型語」「外来語」の4つの方法を用いて本書をまとめている。この辺が素人故の融通無碍さとして、凡庸な語源本しか出せない小池直己とは違うところである。

本書の特徴として挙げられているのは
1.6000語レベルの単語の選択
2.記憶法に基づいた4章構成
3.ページを3コラムにする見やすいレイアウト
4.3つの頻度区分
の4点で、3.が若干分かりづらいが、新書版横書きでありながら1ページ3段組(単語・暗記法・意味)という珍しいレイアウトで、この点についてはこの本独自(後に中身は違うが井川治久・小貝勝俊「マル秘英単語1234」で同様の組み方をしていたはず)と言ってよいだろう。ただ、これが「見やすいレイアウト」か?と問われれば疑問に思う(安藤達朗「日本史講義」に比べればマシなレイアウトだが・笑)。
4章構成とは言え、3章までが100頁少々でメインの第4章だけで200頁以上あることからも「語根」中心の単語集と言える。個人的に英単語のごろ合わせは百害あって一利なしと思っているので、語根の第4章ではごろ合わせを援用しない方がスマートだと思う。
収録語数が多いため網羅率は高いものの、最近の単語集のように試験に出るパターン(語法で出るのか解釈で出るのか)などはアクセント問題対策程度しかないため、暗記法の本と割り切れば今でも十分使い道はある。
[PR]
by roudai | 2012-01-01 00:00 | 英語 | Comments(0)