浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:KKベストセラーズ ( 3 ) タグの人気記事

収蔵品番号472 佐藤忠志のズバリ!合格の英熟語

d0133636_1024730.jpg
【タイトル】佐藤忠志のズバリ!合格の英熟語
【著者】佐藤忠志
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】KKベストセラーズ(ワニの本)
【サイズ】新書
【ページ数】218頁
【目次】
これが新しい熟語勉強法だ
Ⅰ・穴うめ問題用熟語集
Ⅱ・長文読解用熟語集
Ⅲ・基本動詞で覚える英熟語集
Ⅳ・前置詞で覚える英熟語集
【初版発行年月日】1987年3月5日
【収蔵品発行年月日】1988年3月15日 21版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】花本金吾 「英熟語ターゲット1000〔4訂版〕」(旺文社)
【コメント】
諸元は誤植ではない。
一般新書として発売されてわずか1年で21版という、現在の出版不況から考えたら驚異的な数字を叩き出した英熟語集。「ズバ単」のキワモノ的な時事単語、「ズバ作」の発想転換といった特徴に比べるとやや地味なためにあまり注目してこなかったが、いざ当時のライバルである「でる熟」「キセ熟」「伝熟」「合格水準」と比べてみるとⅡの長文読解用熟語集が傑出しており、またⅠの穴うめ用がわずか45頁(350語)なのに対し、Ⅱが解釈用の英文を載せているとはいえ78頁(300語)もあり、他の熟語集を補完するものになっている。ベタな熟語はⅢやⅣに軽く載せているだけなのであくまで2冊目としての評価。

P.S.表紙の手の形に見覚えがあると思ったら「世界の」福田繁雄デザインでビックリした。バブル期だなぁ。
[PR]
by roudai | 2014-11-04 00:00 | 英語 | Comments(3)

収蔵品番号115 受験の英語術

d0133636_12343766.jpg
【タイトル】ガメつく点を取る受験の英語術
【著者】御園和夫
【肩書】「大学受験ラジオ講座」英語担当・関東学院大学英米文学部教授
【出版社】KKベストセラーズ
【サイズ】新書
【ページ数】266頁
【目次】
序 ここ一番に強い「英語術」とは
Chapter 1 穴うめ問題 ●正解を引き出すこの技術
<動詞・助動詞>
<名詞・代名詞>
<形容詞>
<前置詞>
<副詞>
<関係詞・接続詞>
<総合的問題>
Chapter 2 書きかえ問題 ●出題者の意図を見破る法
<指示にしたがって書きかえる形式>
<連立書きかえ形式>
<連立穴うめ完成形式>
Chapter 3 コツでつくる和文英訳
Chapter 4 スピード英文解釈
【初版発行年月日】1982年4月5日
【収蔵品発行年月日】1987年6月10日 11版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】400円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】
【コメント】
ラジオ講座でディオン光岡とコンビを組んで口語英語を担当されていた御園先生の著書。
口語英語に特化せず、英語全体の急所を網羅している。以前紹介した「英語問題237の盲点」と同系列の本だがこちらの方が大分易しい。
「237」のように手も足も出ない問題ではなく、この問題今まで何回間違えたっけ?と自嘲したくなる既視感のある問題ばかりだがやっぱり間違えてしまう。後半の英文解釈問題などは新書で扱うにはちょっと重たすぎで、前半の文法問題一色のほうが良かったか。
最近は意外とこういうコンパクトな追い込み向けの本がないので、安く見かけたら手に入れてみるのも一興だろう。
[PR]
by roudai | 2008-04-22 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号006 佐藤忠志のズバリ!合格の英作文

d0133636_1222665.jpg

【タイトル】佐藤忠志のズバリ!合格の英作文 発想転換解答法の極意
【著者】佐藤忠志
【肩書】東進スクール講師
【出版社】KKベストセラーズ(ワニの本)
【サイズ】新書
【ページ数】199頁
【目次】
英作文が合否のカギを握る
 なぜ、英作文を重視するのか
 決め手になるのは日本語読解力だ
 発想の転換で勝利せよ
 急増する時事トピックス
発想転換トレーニングで英作文は自由自在
 例題1~73
【初版発行年月日】1990年4月25日
【収蔵品発行年月日】1990年4月25日 初版発行
【収蔵品定価】700円(本体680円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】700円
【代替参考書】宮崎尊「宮崎の今すぐ書ける英作文―大学受験英語 (和文英訳編) 」(ナガセ)
【コメント】
日本予備校史上最強の色物英語講師である佐藤"人称代名詞it"忠志による「ズバリ!合格」シリーズの最終巻である本書。
世間的には「ズバ単」「ズバ熟」の知名度の方が高く、ほとんど忘れ去られているが、実は佐藤忠志の手になる参考書の中で屈指の名著である。
ある参考書に詳しい方にお見せした時に、ヤフオクでつねに高騰する「シンプルクッキング英作文」(研究社)に似てますね、というコメントを戴いた。「シンプルクッキング~」は未見なのでどこがどう似ているかはコメントできないが、この本の"売り"はサブタイトルにもある「発想転換解答法」で、国公立二次と私大上位校で出題される長文の英作文で「いかに悪あがきするか」というテクニックを73題の例題を通じて教えてくれる。
しかも73題全てに「模範解答」と「発想転換解答」の2通りの解答が付き、その他に0点を防ぐための「ゲリラ解答」が19題に付いてくるという、1題で3度美味しい構成になっている。

たとえば、同志社大の和文英訳(例題37・cf.P101)で
「日本人の季節感は鋭いとの説は、特に日本人にウケがいい。現代人について言うなら眉唾物だが、往時は確かにそうだった。」をどう訳すか。

【模範解答】は
The opinion that Japanese have a keen sense of the seasons is especially favored by the Japanese themselves. If it refers to the modern Japanese, the opinion is unlikely to be true, but it was certainly so years ago.

【発想転換解答】は、もし「opinion」という単語が本番で出てこなかったら、という方針で
We often hear that Japanese are sensitive to the seasons.Although this may not hold true among modern Japanese, but it was certainly so years ago.
(【ゲリラ解答】は最後に)

現役の本でかろうじてこの本に近い考え方をしているのは同じ元代ゼミのヤクザ先生山田弘師の「中学英語で大学入試英作文が解ける」ぐらいか。信じられないことに、コレだけの名著がamazonのマーケットプレイスで破格の安値で売られているということだ。確かに英作文の需要はそれほどあるとも思えないが、今更「和文英訳の修業」(文建書房)や「長文和文英訳問題の解き方」(旺文社)をやる金と暇があるのならこの本を手にした方がよほど効率よくコツが学べるはずである。

ゲリラ解答はこちら
[PR]
by roudai | 2007-10-06 00:00 | 英語 | Comments(5)